”ゴルフ仲間に、そして会社のコンペでも
馬鹿にされ続けていた”ダメゴルファー”が
わずか28分の練習でドライバー飛距離を
37ヤードヤードアップさせてしまった
93.8%のゴルファーが気づいていない
シンプルだけ恐ろしく効果のある
”ある”ゴルフ上達法とは…?


ドライバーは60ヤードも飛距離が伸び

先ずは、この上達法を実践されている方の声をお聞き下さい。



「飛距離が30ヤードも伸びた」







ゴルフって努力した分、報われるものだと思っていました。

今まで相当練習していましたよ。ほんとに。

だけど高橋さんの「スイング理論」が意図するものを理解した頃からその考えは逆転していきました。



最近ドライバーを打つ度に自信が湧いてきます!

ドライバーの平均飛距離が30ヤードも伸びました!

平均して280Yは出るようになったのです。

自分でも信じられない程の効果です。

最近シングルも見えてきました。これからも頑張ります!


(千葉県 木戸永治様40歳 ゴルフ暦5年 ベストスコア84)



>>>実践者の92.8%のゴルファーが
”簡単”に上手くなったと回答したゴルフ上達法・・・
知りたい方はココをクリックしてください。



信じられないかもしれませんが、このお話は実際の出来事です。


■都内の練習場にて




わたし「Oさん!お久しぶりです!」




Oさん「あ!高橋さん。ご無沙汰しております。」







約半年振りにお会いしたOさん。


以前はよく練習場でお会いしていたのに、久々の再会でした。


先に打席で打っていたOさんのショットを見ようと

後ろで立っていたのですが、中々打つ素振りを見せません。

 

 Oさん「実は恥ずかしくてね。人に見られていると。」




 わたし「またぁ、なんでですか?」






Oさんの話を聞けば、半年前位から持病の腰痛がひどくなってきて以前の様に振れなくなったそうなのです。




Oさんは60過ぎの女性です。

前から練習しすぎだな、と感じてはいたのですが・・・


あまりの元気のなさに原因を見てみる事にしました。


Oさんの打った球は確かに弱々しく右にスライスしていました。

 



Oさん「ね?力のない球でしょ?だから恥ずかしくて。」







わたし「Oさん。もっと上手くなりたいですか?」







Oさん「そりゃそうですよ。でも年には勝てないみたいで。」







わたし「それは違いますよ。

     OさんにはOさんのやり方があるんです。」







 Oさん「え?それどういう事?」

 


わたしはOさんに元気になってもらいたい。


昔のようにゴルフを楽しんでもらいたい。


という一心で「ある上達法の1つ」を説明しました。







わたし「いいですか? 打ち方自体は変えなくていいです。」







Oさん「え??」



 



 わたし「テークバックもそのままでお願いします。そして・・・」







この時Oさんに教えた時間は20分位でした。

わたしはこの“上達法”のOさんに必要な部分だけを伝えて
実践してもらいました。



その時点でOさんのドライバーは50ヤード程飛距離が伸び、

安定して真っ直ぐ飛んでいきました。









3週間程してOさんにお会いしたら、あれからずっと“上達法”を実践していたらしく、ドライバーは60ヤードも飛距離が伸び、他の番手も飛距離と方向性が伴った力強い球筋で、以前よりも全く違うゴルフが出来るようになった。と喜んでいました。





>>>実践者の92.8%のゴルファーが
”簡単”に上手くなったと回答したゴルフ上達法・・・
知りたい方はココをクリックしてください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。