”ゴルフ仲間に、そして会社のコンペでも
馬鹿にされ続けていた”ダメゴルファー”が
わずか28分の練習でドライバー飛距離を
37ヤードヤードアップさせてしまった
93.8%のゴルファーが気づいていない
シンプルだけ恐ろしく効果のある
”ある”ゴルフ上達法とは…?


「一週間の練習で40ヤードアップ!!」

私自身、開眼したのはサラリーマン時代でした。


朝は7時に出社、帰宅はほとんど深夜ばかり、週の休みも1日あればいい方・・・

限られた時間で最も効率的な練習を見つけるしかない状況だったのです。




ただ闇雲にボールを打ち、お金と時間を浪費する練習法では、

あまりにも非効率的 すぎますし、
元々私にはその時間をつくることが不可能でした。



しかも、そのような練習方法では絶対に上達はないと確信していました。


だからこそ、完璧に無駄を省いた効率的な練習方法を編み出していったのです。



私自身そのような経験をしていますから、

時間のない忙しいあなたにこそ、上質な練習をして欲しいのです。




何度も繰り返しになってしまいますが、


上質な練習方法は効率的な上達を実現してくれるのです。





実際に短期間で上達した方からのお言葉を頂戴しました。



「一週間の練習で40ヤードアップ!!」




この春から大学でゴルフ部に入部したのですが、新入生の中で未経験者がなんと僕だけで、非常に焦っていました。

部活のコーチや先輩にも教えてもらっているのですが、何か窮屈に感じてしまう教え方ばかりで、申し訳ないのですが、中々上達しませんでした。

とにかく1週間ドライバードリルだけを行いました。

その結果、一週間の練習で40ヤードアップ!!球筋もストレートボールに一変しました。

コーチの教えですと、スライスの克服法はこうだ!という矯正法ばかりで、

余計に体が緊張してしまって、どれも効果がありませんでした。

このマニュアルは違います。しっかりと段階を踏んでスイングを作っていけるので、自分で成長しているのが実感できますし、何より今自分がどのレベルにいるのかを把握できるのが素晴らしいです。

私はこのマニュアルを1週間実践しました。その結果ドライバーで270ヤード以上のストレートボールを手に入れました。

スイングで悩んでいる方や私のような初心者にもお勧めです。

初心者が生意気ですが、これからプロを目指して頑張りたいと思います。






(K学院大学 古賀様  平均スコア100 ゴルフ暦3ヶ月)



「4回の練習で理想のスイング軌道をマスター!」




このマニュアルの感想を述べさせていただきます。

「すごい」の一言です。

高橋さん、あなたは天才です。

私の悩みは、頻発するスライスとそれを意識したときに出るヒッカケでした。

スライスを修正しようとすれば、ヒッカケてしまう最悪の悪循環でした。

原因はアドレスにおける「自然体」のズレと、切り替えしにおける左腕の位置でした。

このことは、自分で把握していた訳ではないのですが、マニュアルにおいてあっさりと指摘され、まさにその通りでした。

私はこの部分のレッスンだけを1ヶ月続けました。と言いましても、実質4日間練習しただけなのですが、スライスはおろか、ヒッカケも全くでなくなり、理想のストレートボールを連発できるようになりました。

正直私には価格が高かったので迷いましたが、購入して本当によかったです。





(埼玉県 戸塚 靖様   ゴルフ暦14年 平均スコア86)



これらの実績はほんの数パーセント以下に過ぎません。



>>>実践者の92.8%のゴルファーが
”簡単”に上手くなったと回答したゴルフ上達法・・・
知りたい方はココをクリックしてください。



冒頭でもお話しましたが、


この「ゴルフスイングの本質」に基づく上達法は、


年齢、運動能力、性別、体格等には全く関係なく上達出来ます。



必要な事はただ2つ


マニュアルを忠実に実践する事と、


上手くなりたいというあなたの気持ちです。




どれほど素晴らしいマニュアルであろうとも、


実践するあなたが上手くなりたいという気持ちを持てなければ、


効果は出にくくなってしまいます。




高齢の方の最大の敵は


年には勝てないだろうという気持ちなのです。




あなたの可能性を信じて欲しいのです。




もう上達は必要ない、


楽しくゴルフができればそれでいい、とお考えでしたらそれでも良いのですが、


上手くなりたいとお思いでしたら、


簡単に諦めたりしないで下さい。




実際にマニュアルを購入し、実践され方からあなたへのメッセージです。




「私のような老体でも、正しいスイングを理解し、最適な練習行えば、青年時代の体力を超越したゴルフが出来るのです。」






私は昭和のダンディズム「白州次郎」という方に憧れて、齢は70近いのですが、毎週2回のラウンドを楽しんでおります。


常日頃からゴルフを楽しんではいたのですが、その内容はと申しますと、飛びが年々悪くなり、ドライバーを振ってはため息をついてしまう。


毎週ゴルフが出来る身分なのに情けない思いでした。


「究極の上達法」を購読したきっかけは、そんな自分への向上心でした。


「ここまで飛ばなくなるのは、果たして、年齢のせいだけなのか?」

そんな疑問が浮かんだからでございます。



その予感は的中しておりました。マニュアルを熟読し、実践していく内に徐々にではありますが、私の中で「何か」が変わり始めたのです。


先ず飛距離が変わっていきました。芯を食った球が明らかに飛んでいるのです。


そして、失敗の仕組みといいますか、どのような場合にミスが出るか。という事を「スイング理論」を通じて理解出来、ミスが激減していったのです。


一番驚いたのは、私のゴルフ仲間達でございます。

「いったい何があったの?どうして急に上手になったの?」と目を丸くしています。


現在、私の長いゴルフ暦の中で、この老体にして最高の状態です。



正に「究極の上達法」のお陰でございます。


私のような老体でも、正しいスイングを理解し、最適な練習行えば、青年時代の体力を超越したゴルフが出来るのです。


この事こそ、私が学んだ最も大切な事でございます。





(千葉県 高田 良平様 年齢69歳 ゴルフ暦30年)




年齢で諦めてはいけません、向上心を持ち続けて頂きたいのです。




>>>実践者の92.8%のゴルファーが
”簡単”に上手くなったと回答したゴルフ上達法・・・
知りたい方はココをクリックしてください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。